>

虫歯の状態が悪化した場合

根本を綺麗にしよう

歯を治療しても飲み物や食べ物がしみる、食べ物を噛むと痛みを感じる、何もしなくても痛い、根元が腫れているように見えるといった場合は、かなり状態悪化していると思われます。
根本的な治療をしなければ、痛みを改善することはできません。
その時に行われるものが、根管治療になります。
方法は、歯の神経の入り口を広げて、専用の器具で周辺を綺麗に掃除します。

汚れが詰まっていることが原因で、歯の根元が炎症を起こすことがあります。
綺麗になったら、根元の入り口を専用のゴムを通して繋げます。
最後に虫歯で失った歯の部分に詰め物をして、根管治療の完成になります。
根元を治療しないと、ずっとトラブルを繰り返すので早く治してください。

費用が掛かってしまう

最初にレントゲンを撮影して、本当に根管治療が必要なのか医師が見極めます。
根本に異常が見られたら、根管治療に進みます。
根管治療は、短くても4回から5回は歯医者に通わなければいけないので、完治するまでに時間が掛かります。
状態がひどくなっている場合は、それ以上の時間が発生すると思ってください。

同時に費用も高くなります。
すると根管治療をすることに、抵抗を感じる人が見らます。
しかし治療を放置すると、これから食べ物を噛めなくなるので日常生活に支障を与えます。
費用のことは気にしないで、しっかり治療してください。
また治療するための時間も確保しましょう。
仕事で忙しい人は難しいかもしれませんが、頑張って通院の時間を作ってください。


この記事をシェアする