>

虫歯にならないためにできること

毎食後は歯を磨こう

みなさんは、食後にしっかり歯を磨いていますか。
昼食は会社で食べる野で、歯を磨くタイミングがないと諦めている人が見られます。
しかし会社にも水道ぐらいはあるでしょうから、歯を磨けます。
歯磨きセットを持って行って、磨いてください。

歯を磨くことが、虫歯の対策になります。
悪化したら根管治療をしなければいけないので、時間も費用もたくさん掛かってしまいます。
できるだけ、根管治療をしなくても良いように対策をしてください。
毎日しっかり歯を磨いていれば、虫歯になることはありません。
歯磨きの習慣を身に付けてください。
歯ブラシだけでは、歯についている汚れを全て落とせないかもしれません。
歯間ブラシなど、他の道具も使うことをおすすめします。

定期検診に行こう

歯医者では、定期検診を行っています。
そこで医師に口内を見てもらうことで、虫歯になっていないか、自分の歯磨きが正しいのか判断してもらえます。
歯磨きが正しくできていないと、歯に汚れが溜まってしまいます。
それがバイ菌を繁殖させるので、虫歯に繋がります。
歯磨きができていないと言われた場合は、正しい方法を医師に教えてもらうと良いでしょう。

また定期検診をすることで初期状態のうちに気づいて、治療できます。
それなら歯を削るだけで済むでしょう。
初期状態に気づかなくて、悪化してからようやく歯医者に相談する人が見られます。
しかしそれでは、根本までトラブルが発生するので根管治療が必要になります。
早く異変に気が付いてください。


この記事をシェアする